女性

痛みを感じず除去できる

カウンセリング

状態に合わせて選択可能

美容外科では気になるほくろを一人ひとりの状況に応じた方法で取り除くことができます。小さなほくろであれば電気メスやレーザーで除去するのが一般的です。治療部にレーザーを照射したり電気メスを入れたりすることにより、ほくろのみを取り除けるのが特徴です。根が深い場合を除いては、一度きりで施術を終わらせることができます。施術後は周囲に多少の赤みが残るものの、時間経過と共に薄らいでいくため、痕が残る心配もほとんどありません。大きめのほくろに対しては、一度メスで切開してから縫合する方法を取るクリニックが多くなっています。形状や大きさに合わせて最適な位置を選んでメスを入れるので、施術直後も然程傷跡は目立ちません。いずれの施術も概ね十五分から三十分程で終了します。必要に応じて局所麻酔をかけてもらえるので、痛みはほとんど感じません。方法によって洗顔やメイクを避けるべき日数が変わってくるので、事前に確認しておくと良いでしょう。またいずれの方法を選んだ場合も、施術後暫くの間は該当部位が日焼けしないよう注意が必要です。ほくろの除去に美容外科を選ぶ方が多い理由の一つが、信頼性の高さです。美容外科では医師が来院した方一人ひとりの状態を見極めた上で、最適な方法を選んでくれます。いずれのクリニックでも施術前には必ずカウンセリングの時間を設けて、アフターケアの内容や通院の必要性などを丁寧に説明してくれるので、安心して施術に臨めます。またクリニックや選択した方法によっては、一定期間内に再発したほくろは無料で除去してもらえるなどの保証が付いている場合もあります。ダウンタイムの間も翌日以降、該当部位以外であれば通常通りにメイクができるので、おでかけの際に人目を気にする必要もありません。多くのクリニックではほくろを除去する際、大きさや個数に応じた料金が発生するシステムを採用しています。前者に関しては通常一ミリ単位での料金となりますが、中にはある程度の大きさまでは一定料金で施術を行うというクリニックもあります。ホームページに料金体系が明示されているクリニックも多いので、参考にしてみると良いでしょう。